15歳から39歳の若い人(AYA世代)のがんについて知ってきたい6つのこと

15歳~39歳のAYA世代が、がんを発症したら?

AYA(アヤ)世代』とは、、、15歳から39歳の若年層を指しています。

また、『AYA世代のがん』を患った有名人といえば、、、

白血病を克服した 競泳選手の池江 璃花子選手(発症当時18歳)、34歳というわかさで 乳がん闘病のすえになくなった小林麻央さん、精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病中の Nosukeさん(発症当時29歳)など、人気絶頂の人物が多くいます。

この記事では、そんな「AYA(アヤ)世代のがん」について、知っておきたい6つのことをわかりやすく紹介します

  1. AYA世代とは?
  2. どんながんが多いのか?
  3. AYA世代のがんの特徴とは?
  4. 問題になることは?

『15歳から39歳の人が がんと診断された』場合に、ぜひ参考にしてください。

目次

1)AYA世代とは?

AYA世代とは、「adolescents and young adults(アドレセンス アンド ヤング・アダルト)」の略で、訳すと「思春期と若年成人」。

AYA世代の年齢の定義は実はさまざまなのですが、日本の厚生労働省はこう言っています。

日本でのAYA世代の定義は、「15歳から39歳まで」です。

これには 治療が終わったがん患者や小児がんの経験者も含まれています。

年齢 世代 多く見られるがん
0歳~14歳まで 小児 白血病・脳腫瘍・悪性リンパ腫など
15歳~39歳まで AYA世代 ー 中 間 ー
40歳~ 成人 大腸がん・肺がん・胃がん・乳がん・膵臓がんなど

 

2)AYA世代のがんは多いの?

AYA世代のがんが注目されているけど、AYA世代のがんは多いの?

答えは、すばり「AYA世代のがんは少ない」です。

特に20代までにかかるがんは、「希少がん」ともよばれています。

日本では、60歳以上が一番がんにかかる世代なのです(全体の80%)。

【AYA世代のがん罹患者数】
 

・15~19歳:年間で約900名が発症する

・20歳代:年間で約4,200名が発症する

・30歳代:年間で約16,300名が発症する

年間にすると約2万人超がAYA世代でがんを発症していることになります。

しかし、AYA世代のがんにかかる割合は人口10万人にたいし 0.1%程度なのです。

3)AYA世代はどんながんにかかる?

年齢ごとに特徴があります。

性別によっても違いますが、全体的に多くみられるがんを紹介します。(多い順に第5位まで)

【15歳~19歳】

白血病
胚細胞腫瘍・性腺腫瘍(はいさいぼうしゅよう・せいせんしゅよう)
悪性リンパ腫
脳腫瘍(のうしゅよう)
骨腫瘍(こつしゅよう)

 
【20歳~30歳】

胚細胞腫瘍・性腺腫瘍(はいさいぼうしゅよう・せいせんしゅよう)
甲状腺がん
白血病
リンパ腫
子宮頸がん

【30歳~39歳】

乳がん
子宮頸がん
胚細胞腫瘍・性腺腫瘍(はいさいぼうしゅよう・せいせんしゅよう)
甲状腺がん
大腸がん

▶参考:「小児・AYA世代のがん罹患データ(2009年~2011年)│国立がんセンター

4)AYA世代のライフイベントは?

【学生時代】

15歳   :中学3年~卒業
16~18歳:高校(OR社会人)
19~23歳:大学・専門学校など進学(OR社会人)

AYA世代は、前半には学校に通う思春期を含む青年期であり、大人(壮年期)になるまでの人生の過度期です。
就職、恋愛、結婚、こどもの誕生など人生における多くのライフイベントが集まっている時期でもあります。学生、そして働き盛りのころ。

AYA世代ががんを発症すると、闘病によって将来のライフプランの変更を余儀なくされ、社会的なダメージ、心理的なダメージが極めて高いといわれます。

5)AYA世代のがんの特徴は?

1)多様性がある

AYA世代のがんは、発生する部位が多くの臓器にまたがっていて小児がんと大人型のがんのどちらもみられることです。

まさに多様性があるがんといえます。

2)がんの治療の成績がよくないといわれる?

AYA世代のがんは治療成績が低いといわれています。

これは、「5年生存率の改善スピードが他の世代より低い」ということがあります。

がんを発症する人数がすくないことから、AYA世代のがんの研究・最適な治療法の開発が進んでいないことが原因のひとつとされています。

しかし、治癒率は高いといわれています。

3)がんの進行がはやい?

「高齢者に比べて進行が早いがんが多い」ことが理由のひとつにあります。

4)がんを見つけにくい?

学生生活や仕事、子育てを優先して、病院の受診が遅くなりがちになってしまうことが、ガンを見つけにくくしています。

また、がんになることが少ない年代であるため、医師や本人、家族でさえがんを疑うことがない、などががんを見つけにくい理由としてあげられます。

6)AYA世代のがんの問題は?

たくさんあるので、箇条書きにしてまとめてみます。 

  1. AYA世代のがん闘病は、将来の設計に強く影響する。(例:大学を休学、仕事を休業、子供をうめるのか?など)
  2. AYA世代は、他の世代にくらべると「不安」が強い傾向がある。 
  3. 人生のどのライフステージにあるかにより、それぞれが必要としていることが違う(真のニーズに対応できていない現状) 
  4. AYA世代のがん治療データが不足し、二次がんの発症の把握や長期フォローアップの仕組みが十分ではない(世界的にもこの傾向がある)
  5. AYA世代のがん患者が少ないため、効果の高い治療方針が十分に確立していない。
  6. 病院も医療スタッフもAYA世代に対する経験数がすくない。 
  7. 公的な助成金などのサポートが整備されていない
(例:小児がんは小児慢性特定疾病の医療費助成が受けられるが20歳までが対象。など)

 

まとめ

以上、「AYA(アヤ)世代」のがんについて知っておきたい6つのことをまとめました。

この記事によって次のことがわかったはずです。

AYA世代とは日本の厚生労働省の定義では「15歳から39歳まで」を指している。

・AYA世代のがんは、非常にまれであること。
まれであるがゆえに、医療の研究や医療設備、治療法が十分に開発されていないということ。

・AYA世代のがんは、小児がんと成人がんの特徴を併せ持つこと。

・学業、就職、結婚、こどもの誕生、子育てなどライフイベントの過度期であり、精神的にも不安になりやすい世代だということ。

・AYAのがん治療の問題点は多いということ。

イギリスでは、「Teenagers and Young Adultsティーンエイジャーとヤング・アダルト」、略して「TYA世代」という表現が一般的で、年齢は15歳から24歳までのがんを発症した人をさしています。

この世代のグローバルな研究・治療方針の議論も2017年あたりから活発化しています。

今や「AYA世代のがん」は世界中で注目され研究が進んでいるのです。

日本でも、厚生労働省が2017年から本格的にAYA世代のがん対策をはじめています。(「第3期がん対策推進基本計画」)

AYA世代のがんで闘病するみなさん、
どうか病気に負けず、強い気持ちをもってください。

学業の不安、金銭的な不安、仕事の不安、外見の変化についての悩み、こどもができるのか、、、、自分だけではなく家族の将来の不安もあるでしょう。それは当然の不安です。

ひとりで不安をかかえこまず、まずは病院の相談窓口(「がん相談支援センター」など)に勇気をだして行ってみてください。そこには、ソーシャルワーカーという専門職の相談人がいます。

あわせて読みたい
病院のソーシャルワーカーとは?お金や生活の相談で退院を支援してもらおう!【がん・白血病】 「治療だけでなく、今後の生活の不安や悩みは誰に相談すればいいの?」 がん・白血病と診断された後、治療以外に何がおこると思いますか? 実は  お金の問題や、精神的...

AYA世代でがんになった人の体験談や、医師からのアドバイス、Q&Aが充実した「AYA Life(あやライフ)」というサイトは非常にわかりやすく、おすすめできます。(国立がん研究センターが協力)

それから、がんで闘病したわたしの友人は、今はみんな元気ですごしています。

子供の白血病、60歳以上の白血病についてはこちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい
こどもの白血病(小児白血病)について知っておくべき8つのこと 「こどもが白血病じゃないかと心配」 「もしこどもが がんになったらどうなるの?」 そんな疑問にこたえます。 「小児がん」とは、一般的には「15歳以下」のこどもがか...
あわせて読みたい
知っておきたい!小児白血病の治療にかかるお金について【医療費の助成制度あり】 「こどもの白血病、治療費はどのくらいになるの?」 「私達に払える金額なの?」 子供が白血病と診断され、治療費が心配なあなたへ。 悩んでいるほとんどの親は、「小児...
あわせて読みたい
60歳以上の高齢で白血病!?はじめに知っておきたい4つのこと 「60歳以上の年齢で、白血病と診断されたら?」 実は白血病の発症率は、年齢が高なるほど多くなる傾向があります。 アメリカ国立がんセンター(National Cancer Institu...

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。アルノ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる