【抗がん剤の副作用】つらい下痢をラクにする5つの対策

抗がん剤 副作用 下痢

抗がん剤治療の下痢がつらい

少しでもラクになる方法はないの?

抗がん剤の副作用による「下痢」は、普通の下痢ではありません。

・四六時中お腹がゴロゴロする

・ギューっとした痛みを感じる

・肛門周辺がただれて強い痛みがでる

など、普通の下痢よりつらい症状が現れることがあります。

 

また下痢が続くことで、脱水や電解質異常(低カリウム)が起こることもあります。

下痢が続くということは、身体的にも精神的にもかなり辛いことなのです。

 

今回は、下痢の発生する時期(タイミング)と、下痢を和らげるための5つの対処法を紹介します。

 

抗がん剤の副作用による下痢の症状を少しでも抑えて、不快感をなくしたいと考えている人へおすすめの記事です。

目次

抗がん剤による下痢の原因とは?

抗がん剤の副作用による「下痢」は、抗がん剤による腸の粘膜への障害白血球の減少による感染抗生物質の使用の影響などが原因で起こります。

 

また、抗がん剤の副作用の下痢は、「早発性の下痢」と「遅発性の下痢」の2つがあり、それぞれに下痢の出現する時期と原因がわかっています。

下痢はいつまで続くの?

まず、下痢のでる2つのタイミングを知っておく必要があります。

 

早い時期にでる下痢の症状は、「早発性の下痢」、遅れて出てくる下痢の症状を「遅発性の下痢」といいます。それぞれあらわれるタイミングを説明します。

1)早発性の下痢

抗がん剤の投与後、24時間以内に起こります。
ふつうの消化は、腸の中で食べた物がゆっくりと時間をかけて消化され、栄養や水分が体に吸収されます。
早発性の下痢は、抗がん剤の影響で腸の動きが昂進し、腸の中を猛スピード(水分が吸収されないほどの速さ!)で食べたものが通り抜けることによっておこるのです。

2)遅発性の下痢

抗がん剤投与の数日後(数日~2週間前後におこる)に起こります

私たちの腸の粘膜にはたくさんのヒダがあります。

 

このヒダは消化した食べ物から栄養や水分を吸収する大切なヒダで、ふつうは表面積を広くしてを吸収しています。

 

遅発性の下痢の原因は、抗がん剤の副作用で粘膜障害が起こり、ヒダが平たくなることで腸から栄養や水分を吸収できない状態になるのです。これが下痢の原因となります。

 

さらにこの時期は白血球の減少により免疫力が落ちてくるため、腸管感染を起こしたり、腸粘膜の炎症や肛門周辺の炎症など、痛みを感じる症状が起きやすくなります。

 

この遅発性の下痢があらわれるころが要注意です。

下痢の5つの対処法

抗がん剤が原因となっておこる下痢は、炎症も痛みもひどくなりがちで、とても辛いものです。

少しでもラクになれる対策をとっておきましょう。

1.お腹を冷やさない

痛むときは、看護師さんに頼んで湯たんぽを作ってもらうなど腹部を温めるようにしましょう。

 

腹部の保温は、腸蠕動の動きや腹痛をやわらげます。

2.食事を工夫する

一回の食事量を減らし、食事の回数を増やす。
(食事量が多いと胃結腸反射が起き消化不良、下痢を誘発します)

腸を刺激する食べ物を控える
(食物繊維の多いもの・スパイシーなもの・揚げ物・脂っこいもの・カフェインを多く含むもの・ナッツ類)

生ものを避ける
(感染症を防ぐため、加熱したあたたかいものをとるようにする)

・消化の良いもの:うどんやお粥

・カリウムの多いもの:ポテト、リンゴやバナナなど
(カリウムをとることで、下痢による低カリウムを防げます)

3.水分をうまく摂取する

下痢になったら、脱水を避けるため、こまめな水分摂取を心がけましょう。

 

例えば 下痢をしたら、コップ1杯の水を飲む など自分で水分摂取をコントロールするなど。

常温または温めた飲み物をとり、冷たいものは腸を刺激することになるので避けましょう。

 

・水
・薄めにしたお茶
・スポーツ飲料
・リンゴジュース

これらの水分は、残渣物がなく消化器官への負担が少ないのです。

冷やさないで飲むことも大事!
 

4.肛門周辺の清潔を心がける

皮膚や粘膜の炎症、感染予防のため、肛門周囲の清潔を心がけましょう。

 

トイレでは、シャワー式の温水洗浄で洗うなど。

 

5.肛門周辺の皮膚に炎症をおこさない

肛門周変のただれを防ぐため、乾燥を避け、保湿するようにしましょう。

 

・ワセリンなどの撥水性軟膏剤を使う

・肛門部を洗うときは低刺激の石鹸を使用し、泡で優しく洗う

 

もし使用する「石鹸選び」に迷っていたら、優しい成分の泡タイプのボディソープを1本準備しておきましょう。

 

体調が悪いときは泡をつくることもできません。プッシュして泡がでる、そして体にやさしい成分のものがおすすめ。

 

シャボン玉無添加ボディーソープ(泡)なら、香料・着色料・酸化防止剤・合成界面活性剤不使用の釜炊き製法(ケン化法)で作られた純無添加石けんです。

 

泡でやさしく洗えるもの、つめかえができるタイプがおすすめです。

タオルは、肌に優しくふんわりしたものを。

 

泉州タオルの、吸湿性がよく まるでぬいぐるみをさわっているかのようなやわらかなタオルがおすすめです。特にこのフェイスタオルなら枕に敷いても肌さわりが最高。

 

バスタオルならこれ。

まとめ

以上、下痢の原因と、下痢を和らげるための5つの対処法、そして下痢の発生する時期(タイミング)について紹介しました。

下痢の5つの対処法である、「お腹を冷やさない」、「食事を工夫する」、「水分をうまく摂取する」、「肛門周辺の清潔を心がける」、「肛門周辺の皮膚に炎症をおこさない」この5つの具体的なセルフケアも実践してみてください。

また、一日に何度トイレに行ったか、便の状態を看護師に報告し、自分自身でも下痢のコントロールをしましょう。
 

「肛門、肛門」と言っていますが、特に下痢が続き肛門周辺が炎症をおこしはじめたら、毎回のトイレも苦痛になります。
肛門周辺のケアは、とてもだいじです!

 

その他の抗がん剤の副作用についてまとめた記事はこちらです。どんな副作用がでるのか、それぞれの対処法がわかります。ぜひ参考にしてください。

 

 

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。

抗がん剤 副作用 下痢

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次