下痢の原因と、下痢へのたいせつな5つの対処法【抗がん剤の副作用】

抗がん剤治療
スポンサーリンク

抗がん剤の副作用による「下痢」は、普通の下痢ではありません。

「常にお腹がゴロゴロする」、「お腹が痛くなる」、「肛門周辺がただれて強い痛みがでる」、また、下痢が続くことで、脱水、電解質異常(低カリウム)が起こることもあり、下痢が続くととは、身体的にも精神的にもかなり辛い症状です。

今回は、なぜ抗がん剤の副作用に下痢がでるのか?の原因と、下痢の発生するタイミング(時期)、たいせつな5つの下痢対策を紹介ます。

下痢の原因(抗がん剤)

抗がん剤の副作用による「下痢」は、腸の粘膜障害、白血球の減少による感染、抗生物質の使用の影響などが原因で起こります。

また、下記で説明する早発性の下痢、遅発性の下痢にもそれぞれ原因があります。

下痢のでる2つのタイミング

下痢のでるタイミングは、2つあります。
早い時期にでる下痢の症状は、1)早発性の下痢、送れて出てくる下痢の症状は、2)遅発性の下痢です。

1)早発性の下痢

抗がん剤の投与後、24時間以内に起こります。

通常の消化スピードであれば、食べた物が時間をかけて腸の中で栄養や水分が吸収されます。
しかし、抗がん剤により腸の動きが昂進し、腸の中を猛スピード(水分が吸収されないほどの速さ!)で、食べたものが通り抜ける結果、下痢になってしまいます。

2)遅発性の下痢

抗がん剤投与の数日後(数日~2週間前後におこるといれれている)に起こります。

私たちの腸の粘膜にはたくさんのヒダがあります。このヒダは、消化した食べ物から栄養や水分を吸収する大切なひだで、ふつうはは表面積を広くしてを吸収しています。

しかし、抗がん剤の副作用で粘膜障害が起こると、ヒダが平たくなり腸から栄養や水分を吸収できない状態になるのです。これが下痢の原因となります。

さらに、この時期は白血球の減少により免疫力が落ちてくるため、腸管感染を起こしたり、腸粘膜の炎症肛門周辺の炎症など、痛みを感じる症状が起きやすくなります。

要注意の時期!!

下痢への5つの対処法

1.お腹を冷やさない

痛むときは、湯たんぽを作ってもらうなど腹部を温める
(腹部の保温は、腸蠕動の動きや腹痛をやわらげます)

2.食事を工夫する

一回の食事量を減らし、食事の回数を増やすようにする
(食事量が多いと胃結腸反射が起き消化不良、下痢を誘発します)

腸を刺激する食べ物を控える
(食物繊維の多いもの・スパイシーなもの・揚げ物・脂っこいもの・カフェインを多く含むもの・ナッツ類)

生ものを避ける
(感染症を防ぐため、加熱したあたたかいものをとるようにする)

 

下痢対策に、おすすめの食べ物

消化の良いうどんやお粥
カリウムの多いポテト、リンゴやバナナなど
(下痢により低カリウムになることを防ぐ:カリウムは 野菜や果物・豆類等に多く含まれます)
 

3.水分をうまく摂取する

下痢になったら、脱水を避けるため、こまめな水分摂取を心がける(下痢をしたら、コップ1杯の水を飲む、など自分で水分摂取をコントロールする)

常温または温めた飲み物をとり、冷たいものは腸を刺激することになるので避ける

 

おすすめの飲み物
、薄めにしたお茶スポーツ飲料リンゴジュース
(残渣物がなく消化器官への負担が少ない+冷やさないで飲む
 

4.肛門周辺の清潔を心がける

皮膚や粘膜の炎症、感染予防のため、肛門周囲の清潔を心がける

シャワー式の温水洗浄トイレを使用する

 

5.肛門周辺の皮膚に炎症をおこさない

肛門周変のただれを防ぐため、乾燥を避け、保湿するようにする(ワセリンなど撥水性軟膏剤を使う)

肛門部を洗うときは低刺激の石鹸を使用し、優しく洗う

 

 

まとめ

 

一日に何度トイレに行ったか、便の状態を看護師に報告できるようにし、自分自身でも下痢のコントロールをして、下痢対策をしましょう!

特に下痢が続き、肛門周辺が炎症をおこしはじめたら、毎回のトイレも苦痛になります。
下痢対策は、だいじです!

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。