保険や医療費

白血病になって一番後悔したこと。がんになる前に知っておきたいこと

がん保険 無料相談
白血病になって、一番後悔したことって何?
家族のひとりが白血病となり、闘病生活や骨髄移植を経験する中、いちばん後悔したことを伝えます。

何度『がんになる前に知っておきたかった』

と思ったことか。

このブログをとおして、『まだがんになっていない』すべての人に知っておいてほしいことでもあります。

ウサギさん
ウサギさん
それは、『がん保険』です
 
 
「がん保険って必要なの?」

「がん保険ってもったいないんじゃない?」

『保険』と聞いただけで、うさんくさい感じがしますか?

『そんなもの必要ない』って思いますか?

わたしも昔はそうでした。なにしろ仕事の事情で保険のファイナンシャルプランナー資格をとった時でさえそう思っていましたから。

しかし、今や日本では 2人に1人が がんになる時代と言われています。

そんな社会であるにもかかわらず、がん保険についてはあまり広く認知されていません。

あなたにとって がん保険は本当に必要ないのでしょうか?

保険を考えるに考えるべきことは、たったひとつ。

あなたに自身にとって「本当に必要かどうか」ということです。

家族が白血病となってから、『一番後悔したこと」、そして「多くの人に知っておいてほしいこと」をこの記事で紹介します。

 

1)がん保険の加入に悩む理由

実際に、なぜ多くのひとが がん保険への加入を迷っているのでしょう?

①掛け捨てタイプが多い

掛け捨てということは、「解約返礼金がでない」ということです。

コストパフォーマンスに優れているかどうかを判断する必要があるため、掛け捨ての保険に対する警戒心が強くなります。

これが第一の悩みどころです。

②まず、定期か終身かで迷う

がん保険は、まず定期型と終身型の2種類があります。

定期型がん保険の特徴

満期があり、満期までの一定期間を保障する保険です。

保険の支払いも満期までで終了します。

終身型がん保険

満期がなく、一生涯を保障する保険です。

若いうちから老後に備えるための保険と言えます。

③保障内容の違いで迷う

がん保険の保障内容は、それぞれのがん保険で異なります。

大きくは以下の4つ。

  1. 入院給付金型
  2. 実損補填型
  3. 診断給付金型
  4. 収入保障型

これは、「なにが一番心配か?」によって選ぶべき保障が変わってきます。

例えば、どんながんにも備えたい、闘病中に心配な収入を減らしたくない、最新の治療方法を受けたい、、、など、人それぞれ違います。

ウサギさん
ウサギさん
なにが自分にとって一番だいじなのか?ということを考えましょう。

①入院給付金型

がん入院給付金の日額をベースとして、診断給付金、手術給付金などの保障額が決まります。特約としてさまざまな保障が選択で

一般的ながん保険です。がん入院給付金の日額をベースとして、診断給付金、手術給付金などの保障額が決まります。特約としてさまざまな保障が選択できます。商品数が非常に多く、保険期間・保険料払込期間など選択肢の幅が広がります。

②実損補填型

損保系の保険会社に多いがん保険です。健康保険の自己負担(3割)の医療費や家族の介添え費用などを補償する保険です。自由診療の費用も補償する保険もあります。

③診断給付金型

入院給付金や手術給付金などがなく、診断給付金のみを保障する保険です。がんになったときにまとまったお金が必要だという方にお勧めです。

④収入保障型

がんになり、就労できずに収入が減ってしまうリスクを保障する保険です。毎月、年金の形で保険期間が満了するまで保険金が給付されます。

 

2)白血病になって、【がん保険】に入っていなかったことを後悔

妹は、白血病と診断されるまえに民間の生命保険会社の医療保険に入っていました。

白血病の治療は、抗がん剤、放射線治療、末梢血幹細胞移植、無菌室での療養、白血病の再発による骨髄バンクを利用しての骨髄移植、、、と長く辛い治療期間、そして膨大な医療費がかかりました。

妹は白血病とわかるまで看護師として働いたため、最初は健康保険から【傷病手当金】で生活費と治療費(入院費や入院に関わる出費)をまかなっていました。

しかし、健康保険の「傷病手当金」は永遠に続く給付金ではありません。
支給開始した日から最長1年6ヵ月という期限があります。

白血病を発症してから入院・退院を繰り返し、4年たった現在も以前のように働くことは難しく、自宅療養で過ごしています。

病気になって後悔したこと、悔しい思いをしたこと、それは、「がん保険」に入っていなかったことでした。

同じ病棟に入院する患者とうし仲良くなり、お互いのことを話します。

ウサギさん
ウサギさん
そこで、「がん保険に加入している人」と「がん保険に加入していない人」の間に、大きな収入の格差が生まれていることを知ったのです。

医療保険加入していた場合の具体的な例

高額療養費制度を利用

②加入していた保険組合から傷病手当金を給付申請する

③加入していた医療保険の保障給付金をうける

入院給付金: 1日6,000円(同じ病気で最高1800日まで支給)
手術: 一回50,000円

がん保険に加入していた場合の具体的な例

高額療養費制度の利用

②加入していた保険組合から傷病手当金を給付申請する

③加入していたがん保険から保障給付金をうける(アフラックの一例で)

がん診断給付金: 一時金100万円
がん入院給付金: 1日につき10,000円(日数無制限で支給)
がん手術給付金: 1回20万円
抗がん剤治療給付金: 治療をうけた月ごとに10万円
がん先進医療給付金: 自己負担額と同額が給付(最高2,000万円まで)
複数回診断給付金: (再発したとき)50万円
外見ケア給付金: 脱毛1回のみ10万円

 

ウサギさん
ウサギさん
後悔しても遅い。。
がんになった後に、がん保険・医療保険に新しく自由に加入することはできなくなります

3)医療保険とがん保険、大きく違う点は?

①入院給付金の給付日数が 医療保険では少なすぎる

②がんと診断されるとすぐにまとまったお金がもらえるのがん保険。医療保険は、退院後に申請の手続きをしてからもらえるしくみのものが多い。

ウサギさん
ウサギさん
実際に一番こまったこと。

それは、入院途中で医療保険の給付金が途切れたことです。

白血病などがん治療で入院し、もし長期入院が必要になっても、医療保険からの給付金は一定期間しかもらえません。

他にあてになる収入といえば、会社員なら健康保険組合からの『傷病手当金』です。

しかし、そもそもこの手当金のしくみは複雑で 支給対象期間は1年6ヶ月ですが、すべての期間に支給されるわけではありません。

▶『傷病手当金』について詳しく知りたければ、「病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会」を要チェック。

4)がん保険のデメリットは?

一生のうちがんになる確率は約半分(男性63%、女性47%)

がん保険の多くは「掛け捨て」です。

ウサギさん
ウサギさん
もし がんにならなければ元がとれない、ということになります。

ただし、日本人の約半分(男性63%、女性47%)がいまやガンになる時代です。

この数字は、【ある年齢までにがんと診断されるおおよその確率(がん累積罹患リスク)】であり、現在わかっている最新の情報は2014年度のデータです。

参考『5)がんに罹患する確率│最新がん統計│国立がん研究センター

この確立を考えたとき…

  • 家族の収入の大部分が 自分だという働き盛りの人
  • シングルマザー(シングルファザー)で育児をしている人
  • なにかあったときサポートしてくれる家族がいない(もしくは少ない)人
  • 家族の生活をまもりたいと思っている人

特に上記のような人は、リスク回避のためにがん保険を検討してみるべきだと私は思います。

ペンギンくん
ペンギンくん
また、現在では【掛け捨てではないがん保険】もでています!

5)悩む時間があったらこれ

ウサギさん
ウサギさん
保険加入で、悩んで数日たっているなら それは完全に時間の無駄です。

保険は、しくみが複雑、また次々にあたらしい保険が出るため、個人で調べようとすると膨大な時間がかかります。

そんなことに時間をつかうくらいなら、家族との団らんに時間をつかってください。

ペンギンくん
ペンギンくん
保険業界には、保険に精通する【保険のプロ】、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。

看護師になる前に、わたしは某金融系コールセンターのマネジメントをしていました。

グループ企業のひとつに生命保険会社があったため、自分で生命保険の資格(AFP)をとり実際に業務にも携わりましたが、そこで心底感じたことはこれ。

ウサギさん
ウサギさん
保険はあとからあとから新商品がでてくる。
この難しい保険の仕組みを勉強なしに 個人で理解するのは時間がかかりすぎる。

もしあなたが、保険加入を考えていて、保険を調べるためにつかう時間を効率的につかいたいなら、以下のことをおすすめします。

保険のことは、【保険のプロ】であるファイナンシャルプランナー(FP)の意見をきく

質がよく情報量の豊富な【保険のプロ】をさがす

2番めの【上質な保険のプロを探す】、これにも時間がかかりますね。

代わりに わたしがどこに【上質な保険のプロ】が所属しているのか調べてみました。

また、一石二鳥でなにかお得なサービスやしつこい勧誘がないほうがいい。

そんな目線から信頼できてお得な【保険のプロ】を探してみます。

保険のプロ探しに、以下の4つの条件は必須です。

  1. 相談は無料
  2. 信頼できる資格(FP))を持ち、かつ経験年数が長い
  3. お得なキャンペーンサービスがある
  4. しつこい勧誘がない

6)無料の保険相談なら、保険ラボがおすすめ

いろいろ比較検討しましたが、【保険ラボ】がいいですね!

無料で保険の相談ができて(何度でも)、上質なFPがいる、しかもお得なキャンペーンが期間限的で定期的に行われています。

特徴は…

保険相談は無料

自分の都合のいい場所に来てくれるタイプ【訪問型といわれる】

相談員(FP)が平均の経験年数が12.5年とダントツで信頼できる

【顧客に寄り添う】の理念があり、しつこい勧誘はしない

もし、FPが会わないと感じたら気軽にかえてもらうことができる【イエローカード制度】

全国対応していて地方でも相談可能

保険相談と面談後のアンケートでプレゼントがもらえる

ペンギンくん
ペンギンくん
【保険ラボ】の顧客満足度は96.8%と非常に高いです

迷っている時間はもったいない。

今すぐ信頼できる保険のプロに相談して、自分と家族の生活を守るための一歩を踏み出しましょう。

おすすめは【保険ラボ】です。

ウサギさん
ウサギさん
相談場所で一番多いのは自宅、そのほか勤務先です。
もしカフェやファミレスなどで会う時は、自分のオーダーしたものは基本自腹です。

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
このブログを書いているアルノです。 妹は急性骨髄性白血病「M6」を患い、わたしは末梢血幹細胞移植のドナーとなりました。 元看護師、現在はイギリス在住、小学生の息子の母です。 『ビューティフルデイズ』は、白血病について誰もが知りたい情報、治療に関することを、経験談をふまえて情報提供するためのブログです。 つらい不安定な生活の中で、すこしでも希望をもって楽しく過ごそうとしている人たちがいたら、「私達も同じです」と伝えたい。