白血病の種類

高齢者の白血病、はじめに知っておきたい4つのこと【リスクやミニ移植】

白血病 高齢者
「60歳以上の年齢で、白血病と診断されたら?」

実は白血病の発症率は、高齢者がもっとも多いのです。

アメリカ国立がんセンター(National Cancer Institute)では、白血病と診断されるもっとも多い年代が65歳~74歳であること、診断時の年齢の中央値は66歳だと発表しています。

日本における白血病の過半数を占めているのも 65歳以上の高齢者であるというデータがあります。(JALSG関連施設の調査結果

そして もっとも注意したいのが、高齢者の白血病の治療方法や考え方は、こどもや、AYA世代といわれる若年とは全く違う、ということ。

ウサギさん
ウサギさん
もし、あなたの身の回りで【高齢で白血病を発症した】ということを耳にしたなら、これから紹介する4つのことを知っておきましょう。

1)QOL(キューオーエル)が大事

高齢 者 白血病

QOL(キューオーエル)とは、クオリティ・オブ・ライフの略で、【生活の質】と訳されています。

高齢者の白血病では、抗がん剤治療の【リスク】と【効果】を天秤にかけながら、それぞれにあわせた治療をすることになります。

また、中には治療を断り 白血病の症状をコントロールする、積極的な治療をおこなわず輸血による対処療法をする、ホスピスへ転院する…などの選択肢もあります。

辛く厳しく痛い治療を行うことと引き換えに得られる効果があまりにも低いと判断された場合は、この【QOL(生活の質)を考え、白血病とともに暮らす】という治療がおこなわれるかもしれません。

ウサギさん
ウサギさん
これは、医師の診断結果から、本人と家族、医師が十分に話し合う必要があります。

2)いろんなリスクがある

高齢 者 白血病

①もっている病気や健康状態のリスク

高齢者(65歳以上)の場合は、全身状態や合併症の有無などを考慮して、強力な化学療法ができるかどうかを判定し、その後予後分類にそって、治療方針がえらばれます。

【高齢者によくみられる病気例】

❍心臓や肺・肝臓や腎臓の働きの低下
❍感染しやすい(免疫力がよわくなっている)
❍高血圧
❍高脂血症
❍糖尿病
❍脳血管障害

…など!

この 白血病と診断されるときに持っている病気により、強い毒性のある強力な抗がん剤治療が行いづらくなることがあります。

ウサギさん
ウサギさん
抗がん剤の毒性は、肝臓や腎臓のはたらきによって体の外へ出されます。これらの臓器の働きが弱いと、抗がん剤の毒性がからだの中に長くとどまることになるのです。

抗がん剤の毒性は、肝臓や腎臓のはたらきによって体の外へ出されます。これらの臓器の働きが弱いと、抗がん剤の毒性がからだの中に長くとどまることになるのです。

②強い抗がん剤のリスク

強い抗がん剤をつかうことで、体へのダメージが他の世代より大きく、より強い副作用がでることになります。

ペンギンくん
ペンギンくん
例えば、重度の臓器障害や、肺炎などの感染症をおこすリスクが高くなるのです。

骨髄移植や造血幹細胞移植は、抗がん剤治療がきかない場合や、予後がわるいとされる種類の白血病にとって、すばらしい治療の手段です。

高齢者の白血病では長いあいだ【骨髄移植】は不可能とされてきました。

理由は、移植が相当の負担を患者のからだに与えること、移植前に約一週間ほどかけて行う超大量で超強力な抗がん剤治療や放射線治療に耐えられない、という問題です。

移植は高齢者にとって、非常にリスクが高い治療方法になるのです!

リスク1:移植が患者のからだに相当の負担を与える

リスク2:移植前に約1週間ほどかけて行う超大量超強力な抗がん剤治療や放射線治療に耐えられない

ウサギさん
ウサギさん
新しい移植法である【ミニ移植】
高齢者にも比較的安心できる移植が開発されています!(次の項目)

3)ミニ移植という方法がある

 

ミニ移植とは、『骨髄非破壊的移植』といわれる新しいタイプの移植。

これは、今まで骨髄移植がむずかしいとされていた高齢者や、もともとの臓器が弱く移植に耐えられないだろうとされていた人にも移植ができるように開発された移植です。

簡単にいうと、普通の移植より少量の抗がん剤と少量の照射選治療をおこなう方法。

それじゃ治療の効果はどうなるの?

このミニ移植法は、移植前の強力な治療をせず、移植したドナーの正常な骨髄によるGLV(移植片対白血病効果)による効果を期待した治療法であり、患者さんの移植前の負担がかるいのが特徴です。

ウサギさん
ウサギさん
このミニ移植によって、高齢者の延命が可能になるケースが増えています!

4)治療方法は個人でちがう

高齢者の白血病を治療するときには、【抗がん剤治療の毒性】と【効果】を比較しながら、その人個人にあわせた治療がおこなわれることになります。

たとえば、健康な状態であれば、他の世代とおなじように強力な抗がん剤治療(薬は少なくされていることが多い)を行う場合もあります。

そのほかには、輸血などの対処療法と経過観察をすることで、積極的な治療をするより、長く生存できる可能性もあるんです。

ウサギさん
ウサギさん
白血病の種類や年齢、既存の病気、診断時の全身状態、本人や家族の希望など…によってちがうんです。

まとめ

以上、『60歳以上の高齢で白血病について、はじめに知っておきたい4つのこと』を紹介しました。

高齢者の白血病では、以下の4つを知っておきたい。

❍生活の質(QOL)が大事だということ

❍既往症や抗がん剤や骨髄移植などについてさまざまなリスクがあるのだということ

❍ミニ移植という移植法が開発されていること

❍治療の方法は人それぞれであること

この記事を読んでいるあなたは60歳以上で白血病と診断されたのかもしれないし、家族やまわりの人が高齢で白血病と診断されたのかもしれません。

ウサギさん
ウサギさん
なんにせよ、ものすごく心配ですよね?

多施設による白血病臨床研究をおこなっている、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)という団体があります。

日本で過半数を占める65歳以上の白血病に関する治療プログラムをすでにスタートさせ、さまざまな角度から調査研究されています。

高齢者の白血病の治療成果は、今後ますます改善が期待されているのです。

▶15歳以下のこどもの白血病(小児白血病)についてはこちらの記事を参考に。

 

▶AYA世代といわれる15歳から39歳までのがんについてはこちらが参考になります

 

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。アルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
このブログを書いているアルノです。 妹は急性骨髄性白血病「M6」を患い、わたしは末梢血幹細胞移植のドナーとなりました。 元看護師、現在はイギリス在住、小学生の息子の母です。 『ビューティフルデイズ』は、白血病について誰もが知りたい情報、治療に関することを、経験談をふまえて情報提供するためのブログです。 つらい不安定な生活の中で、すこしでも希望をもって楽しく過ごそうとしている人たちがいたら、「私達も同じです」と伝えたい。