白血病の初期症状|妹の場合

白血病 初期症状 白血病について

「白血病と診断されるまで、なにか症状のようなものがなかったのか?」

私達 家族がみなそう思い、白血病を患った妹に質問しました。

この記事では、白血病の初期症状、急性骨髄性白血病を患った妹の体験談と、実際に聞いた他の方からの体験談を紹介します。

スポンサーリンク

妹の初期症状のはなし(体験談)

急性骨髄性白血病と診断された 妹の初期症状を聞くと、
「自覚症状はなにもなかった。」という答えがかえってきました。

妹が白血病とわかったのは、夜勤看護師のための血液検査です。

症状らしきものはなかったといいますが、今考えて強いていえば・・・ということであがった症状が以下のとおりです。

❍いつもより食欲がなかった
❍体がだるかった
❍階段をあがるのに息切れがしていた
❍微熱が続いていた

本人は、体調が悪いとまではいえないけど、風邪気味かな?思っていたと言います。

血液検査も、前の年の9月の健康診断では異常なく(白血球数は正常値のギリギリだった)、異常がみられなかった次の年の4月の検診で再検査が必要となりました。(白血球数は正常値をはるかに下回っていた)

しかし、見た目は元気で 看護師として夜勤も積極的にこなしていたため、家族も学校も、職場、友人も彼女に関わる人間は 妹は元気で健康だと思っていました。

たったひとつ「血液検査の値」だけが異常を示していたのです。

 

白血病になったほとんどの人が言うことは?(体験談)

私が知る他の患者さんの初期症状の体験談を紹介します。

❍「体中が突然アザだらけになり、そのアザは押しても痛くなかった。」→なにコレ!と思い病院を受診→血液検査で異常を発見

❍「職場で立っていられないほどの 体調不良が続いていた」→病院を受診後 血液検査で異常を発見

❍「風邪でもなさそうなのに熱が2週間以上も下がらなかった」→薬をもらうため内科を受診し、異常が発見

そして、ほとんどの人が言うのが、「今まで健康優良児だったわたしが、なぜ突然白血病?!」という言葉だといいます。

急性骨髄性白血病は、ある日突然宣告され、本人が病名を受け入れる時間もなく、すぐに治療が始まります。

そこが白血病患者の抱えるひとつの大きな問題ではないか、と妹は言います。治療のスピードに心がついていけないのです。

正常な血液が不足したら現れる4つの症状

白血病の初期症状として、体におこる4つの症状を紹介します。

白血病の症状とは、白血病のがん細胞がどんどん増えてしまい、正常な血液が不足することにより起こるのです。

1)白血球が減る

感染がおこりやすくなり、発熱する、口内炎ができる

2)赤血球が減る

貧血がおこる→体がだるい、めまい、動悸・息切れ、顔色が悪くなる、など

3)血小板が減る

出血しやすくなる、身に覚えのないアザができる、血がとまりにくくなる、歯ぐきがはれる、など

4)血液の流れにのり、白血病が全身にひろがる

臓器に悪影響をおよぼし、臓器障害がおこる→リンパ節、肝臓や脾臓などが腫れるなど

まとめ

以上、急性骨髄性白血病と診断されたときの妹の初期症状の体験談と、白血病のがん細胞によって現れる4つの症状を紹介しました。

しかし、これらの初期症状は「そういえば」と後になって思い当たることはあるものの、特に身体的な不調の自覚はなく、健康診断などの血液検査で白血病とわかる人が多いのです。

血液検査はとても大切です。血液を知ることでその人の全身の組織や臓器の状態や異常がわかるのです。

健康診断(血液検査を伴う)を一年に一度 受けることは大事なことです。

健康診断で助かる命があると知ってほしいのです。

白血病は、特別なひとがかかる病気ではありません。多くの人は白血病とすぐわかる初期症状もでません。

それでも、白血病には、最も多く報告されれている初期症状(前兆サイン)といわれるものがあります。

 

『急性骨髄性白血病』と、『急性リンパ性白血病』、『小児白血病』の初期症状を別のページで詳しく説明しています。具体的な初期症状のチェックリストがわかるので、ぜひ参考にしてください。

▶『【急性骨髄性白血病】の8つの初期症状、病院へ行く前に

▶『【急性リンパ性白血病】の9つの初期症状、病院へ行く前に

▶『こどもの白血病】の9つの初期症状、まず冷静になろう

 

白血病はほっておいたら、白血病のがん細胞が臓器や脳へ浸潤をおこします。早期発見、早い診断が必要なのです。

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。

白血病について
スポンサーリンク
フォローして新着記事の知らせをうける
ビューティフルデイズ