原因と初期症状

【急性リンパ性白血病】の9つの初期症状をチェック、病院へ行く前に

急性リンパ性白血病 初期症状

最近首のあたりにしこりを見つけた、熱が下がらない、お腹が張った感じがする、、、、

風邪のような症状が長引いいて、『おかしいな、これってもしかして、、、』と、もし『白血病』を疑っているなら、ぜひこの記事を読んでほしい。

この記事を読むことで、日本で『急性骨髄性白血病』に次いで多いとされる『急性リンパ性白血病』の初期の9つの症状がわかります。(『急性骨髄性白血病』の初期症状はこちら

 

紹介する以下の項目をチェックし、思い当たる場合は病院で血液検査を!

※白血病の初期症状は、『風邪』の症状と似ているため、それはただの『風邪』である可能性もあります。

急性リンパ性白血病の9つの初期症状(ALL)

急性リンパ性白血病の初期症状とされるもの、最も一般的な症状は以下の8つ、9つ目は白血病細胞が臓器浸潤した場合に起こる症状です。

これらの症状は、急性骨髄性白血病と同様に白血病のがん細胞が骨髄で増殖し、正常な血液細胞の産生を妨げているために起こります。

1)疲れやすい

最近いつもよりはるかに疲れやすく、頭痛やめまい、貧血を感じますか?

この症状は、正常な血液細胞が減少し、赤血球の欠乏によってヘモグロビン(酸素を運ぶタンパク質)の欠乏をもたらすことによって起こります。(貧血

2)息切れがする

坂道や階段をのぼるとき、少しの運動で息切れがして苦しくなりますか?

これは、赤血球の不足によっておこります。

3)熱がでる・下がらない

38度以上の高熱がでてなかなかさがらない、または微熱が1~2週間ずっと下がらない。

原因不明の熱が長引いていたら病院を受診しましょう。

4)鼻血や歯茎から出血する

歯を磨くときに出血または何もしていないのに突然鼻血がでたりしますか?それはいつもより出血の量が多くありませんか?出血が止まりにくくないですか?

女性なら、月経が重く、いつもよりかなり大量の出血がみられますか?

これは、出血を止める作用がある血中の血小板数が少ないことで起こります。

5)寝汗がでる

寝汗をするようになった、大量の寝汗(一晩に着替えがいるほど)が出ていますか?

急性リンパ性白血病の初期症状として多く報告されています。

6)体重が減る、食欲が落ちる、腹部膨張感、腹痛

最近ダイエットもしていないのに体重が減る食欲がない、少ししか食べてないのにすぐお腹いっぱいになる、お腹に膨張感を感じる、などの症状がありますか?

これは、白血病細胞が肝臓や脾臓に蓄積し、腫れている場合におこります。

7)リンパ節の腫れ(しこり)

わきの下鼠径部(足の付根)などの部分に押しても痛くないしこりがありますか?

これは、体の表面に近いリンパ節の肥大によって起こります。 

8)骨痛、関節痛

背中など骨に痛みを感じる、または関節通を感じていますか?

白血病細胞は骨の表面近くや関節の内側に蓄積することがあり、それが骨や関節の痛みや腫れを引き起こすことがあります。

9)まれに、他の臓器にひろがる

頭痛、脱力感、発作、嘔吐、バランス感覚狂う、顔面筋の脱力感、しびれ、または目がぼやける。

これは、白血病細胞が脳や脊髄に広がると起きる可能性があります。 緊急に病院へ。

まとめ

以上、『急性リンパ性白血病』の初期症状として報告されている9つのサインを紹介しました。

『急性骨髄性白血病』の初期症状と比較すると、『急性リンパ性白血病』の場合、寝汗や、腹部の不快感、リンパ節の腫れ(痛みがない)が特徴的です。

また、注意すべきは子どもです。

日本における子どもの死因は小児がんが最も多く、その小児がんで一番多い疾患が急性リンパ性白血病です(年間約600人)。

子供の場合、自分で症状の訴えがうまくできない場合が多く、そばについているお母さん、お父さんの判断が重要になります。

いつもよりぐったりしている、あきらかに元気がない状態が続く、熱が1周間以上 下がらない、アザがあちこちにできている、、』などのこどもの表面上にあらわれるサインを見逃さないでください。

 
▶白血病の初期症状の体験談については『白血病の初期症状|妹の場合』こちらの記事で。実際に見聞きした初期症状の体験談を紹介しています。

▶『急性骨髄性白血病』で最も多くみられる初期症状は『【急性骨髄性性白血病】の8つの初期症状をチェック】』こちらを参考にしてください。

小児白血病についての一般的な初期症状は『【こどもの白血病】9つの初期症状をチェック!』の記事を参考にしてください。

白血病の初期症状は、『風邪』やインフルエンザの症状と似たものが多く、『風邪かな?』と思い受診したら『白血病』だった と発見される場合が多いのです。

もし、診断までの期間が遅れてしまうと、血液中の白血病細胞が脳や脊髄などへの臓器浸潤が起こります。

早期発見が治療の効果を高めます。

この記事が急性リンパ性白血病の早期発見に、すこしでも役立ちますように。

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
このブログを書いているアルノです。 妹は急性骨髄性白血病「M6」を患い、わたしは末梢血幹細胞移植のドナーとなりました。 元看護師、現在はイギリス在住、小学生の息子の母です。 『ビューティフルデイズ』は、白血病について誰もが知りたい情報、治療に関することを、経験談をふまえて情報提供するためのブログです。 つらい不安定な生活の中で、すこしでも希望をもって楽しく過ごそうとしている人たちがいたら、「私達も同じです」と伝えたい。