白血病と心の支え

病気が原因で「死」を考えてしまうあなたへ【般若心経のすすめ】

死 怖い

苦しい、いたい、こわい。。

病気と戦っていて「死」を見つめ、今まさにこわい、苦しい思いをしているあなたへ。

あなたはもう十分がんばっているはずです。

このページを開いたあなたは、何かの「縁」でここへたどり着いたと私は思っています。

そんなあなたに、魂をすくう般若心経を紹介します。

般若心経とは?

般若心経とは、日本で一番よく知られている大乗仏教のお経です。

お経で説かれていることを一言で説明すると、、

あらゆるこだわりから開放され、心の平穏が訪れる

この教えが276文字の言葉で綴れられているのです。


般若心経を読もう

Hannya shingyo.png
西大路今出川投稿者自身による作品, CC0, リンクによる

ウサギさん
ウサギさん
なにが書かれているのか、ぱっと見ただけではわかりませんよね

般若心経はぱっと見、なにやら難しい漢字が並べられているように見えますが、一つ一つの文字には深い意味がこめられています。

般若心経の解釈は宗派は訳する人によって微妙に違います。

わたしは、最初は意味を深く知る必要はないと思っています。

一文字一文字を無心で唱えてみることに意義があるのです。

般若心経の意味(現代語訳)は?

般若心経の意味については、わたしが毎朝きいている般若心経の現代語訳のYoutubeを紹介します。

すべての意味がわからなくても、一度聴いてみてほしいです。

こころがスーっと楽になります。

私流に訳すと。。。

世の中の宇宙、物、人、感覚、ありとあらゆるすべてのことは「空(くう)」であり、実態のない幻のようなものです。

般若心経の真理を知ることで、心にこだわりや恐れがなくなり、すべての執着から解き放たれ、心の平穏が訪れます。

般若心経を聞く

般若心経を聴いてみましょう。

わたしが毎朝聴いているのは、
薬師寺寛邦(ヤクシジ カンホウ)の僧侶ボーカルプロジェクト「キッサコ」のメロディにのせた般若心経です。

美しい天龍寺を背景に

メロディにのせた般若心経は、心に染み渡ります。


般若心経を書く(写経)

もしあながた起き上がってペンを持つ元気があるなら、
般若心経を写経してみませんか?

般若心経を書き写すだけの写経ですが、下記のようなさまざまな効果があるといわれています。

  • 浄化作用(ネガティブな感情の開放など)
  • 終わったあとに心が落ち着くリラックス効果
  • 集中力が鍛えられる

写経がはじめてで、どのようにしたらいいかわからない?

なぞり書きからはじめたい場合は、
書きやすい呉竹の筆ペンとなぞり書き用の用紙(20枚)のセットではじめることをオススメします。

手元に置きたい般若心経の本

これも私が持っている本です。

たくさんの般若心経の本が発売されていますが、私はまずこの本をおすすめしたい。

まず片手に収まる本で携帯しやすいということ、
また、般若心経についてのわかりやすい説明と、仏教初心者でもとっつきやすい内容で、とてもおすすめなんです。

まとめ

以上、「病気が原因で「死」を考えてしまうあなたへ【般若心経のすすめ】」の記事を紹介しました。

般若心経は、わたしの人生に度々あわられました。

最初の出会いは、奈良県の断食道場で。毎朝みんなで断食中に般若心経で読経しました。

次の出会いは、イギリスです。

イギリス人の友人から「Heart Sutra(ハート・スートラ)を知っているか?」と聞かれました。

その時はまったくわからず、あとで調べてみたら般若心経のことでした。

海外でも般若心経は広まっているのです。

般若心経の教えは、ジョン・レノンスティーブ・ジョブスが信じていたことでも有名です。

今の状況に耐え難いほどの苦しみや痛みを抱えているひとに、ぜひ般若心経を知ってほしい。

般若心経は、「出会うべく時期にその人の心に響く」と言われています。

わたしにとっては、「今」がその時です。

ウサギさん
ウサギさん
毎日読経し、心を落ち着かせたいときに写経をします。

もし、このページで般若心経を読んでみたい、とあなたが思ったのなら、それがあなたと般若心教の出会いになるでしょう。

ちなみにわたしは一般的な日本人で、特別に強く信じている宗教はありません。

あなたの大切なひとも、あなたも、
一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。Byアルノ

 

ABOUT ME
アルノ
アルノ
このブログを書いているアルノです。 妹は急性骨髄性白血病「M6」を患い、わたしは末梢血幹細胞移植のドナーとなりました。 元看護師、現在はイギリス在住、小学生の息子の母です。 『ビューティフルデイズ』は、白血病について誰もが知りたい情報、治療に関することを、経験談をふまえて情報提供するためのブログです。 つらい不安定な生活の中で、すこしでも希望をもって楽しく過ごそうとしている人たちがいたら、「私達も同じです」と伝えたい。
あわせて読みたい!