保険や医療費

がんになってからでは遅い!今こそ必要ながん保険について

がんになった人から何かアドバイスはありますか?

ずばり、「お金の心配に備える」ということです!

がんの治療では、長期に渡り高額な医療費が必要なケースが多く、お金の心配や不安はまぬがれません。

治療が長引くほど精神的な不安に陥り、さらに再発した場合はさらに治療と生活を支えるお金が必要になるのです。

もし、あなたが一家の大黒柱ならどうなるでしょう?

今こそ、がん保険の大切さを知っておいてほしいのです。

  • がん保険とは何なのか?
  • がん保険で備えておくことの重要性とは?
  • がん保険を選ぶときのポイント

など、、いますぐ行動すべき保険加入の見直しについて紹介します。

がん保険とは?

がん保険とは、がん治療に特化した保障をもつ保険のことをいいます。

いいかえれば、『保障対象となる病気をがんに特定した医療保険』で、がんにより入院したり手術を受けたとき、および死亡したときなどに給付金、保険金が受け取れるのです。

がん保険の保障としては、主に以下のような保障があります。

 

給付金保障内容
診断給付金(一時金)多くのがん保険は、がんと診断されたときにまとまったお金を受け取れる。
商品によって、がんという確定診断だけで診断給付金がでるものや入院・通院をしなければでないものなど条件が異なるため、最重要チェックポイントでもある。
入院給付金がん治療で入院したとき、入院日数に応じたお金を受け取れる。(例:入院1日につき1万円など)
がん保険では何日でも何度でも受け取れる制度が主流で、入金が長期にわたったり、入退院を繰り返しても経済的に安心できる。
手術給付金がんの手術を受けたとき、まとまった給付金を受け取ることができる。日帰り手術も対象になるのかが確認ポイント。(例:入院給付金日額の10倍・20倍・40倍など)
通院給付金がん治療のための通院や、がんによる入院後の通院に対して、通院日数に応じて給付金が受け取れる。
治療給付金
(抗がん剤・放射線等)
抗がん剤治療放射線治療など、決められた治療を受けたとき給付金を受け取れる。
がん先進医療給付金がんの先進医療を受けたときに、技術料相当額を受け取れる。
がん死亡給付金がんが原因で死亡した際に受け取れる。受取額は一般的に、がん入院給付金日額の100倍など。

 

※がん保険の注意点

1)多くのがん保険には『契約してから90日間の待機期間』があります。

がん保険はすぐに保障が開始されるわけではなく、契約後90日以内にがんと診断された場合は保険が適用されません。もし保険の見直し等をする場合は、すぐに前の保険を解約してしまわないことが重要!

2)契約内容によって支払い対象とならないがんの種類もあります。要チェック!


がん治療で何にお金がかかるのか?

次に、実際にがんになっていない人や、近くにがん患者がいない人が一番想像できないことは何でしょう?

それは、『がんの治療で、何にお金がかかるのか?』ということです。

妹の白血病治療において、実際にがん治療でお金に困ったことを3つ紹介します。

1) 抗がん剤治療など長期にかかる治療費にお金がかかる

抗がん剤治療は、だいたい数週間~数ヶ月、放射線治療は1、2回で終わることもありますが、がんの種類や状態によって1~2ヵ月ほどかかることもあります。

高額療養費を利用しても何ヶ月も続く先のみえない治療費。

この長期に渡る治療費の負担は本人にとっても、また家族にとっても かなりの出費となります。

 

2)生活の質を守るためにお金がかかる

QOL(キューオーエル)という言葉を効いたことがありますか?

これは、クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)の略で、『生活の質』という意味です。

がんの治療中であっても、その人がその人らしく過ごすことができるように、なるべく痛みやつらさを和らげ肉体的、精神的、社会的、経済的、すべてを含めたQOLを保つ、ということが最近の医療で重視されてきています。

例えばがんの場合だと、抗がん剤で抜けてしまった髪の毛をケアする医療用のウィッグや、痛みをコントロールするための緩和ケア、立ったり座ったりを補助するための手すり、乳がんでの乳房再建術などもOOL維持のためにに重要です。

これらもすべてお金がかかります。工夫だけですごすには限界があるのです。

3)再発・転移したときにさらにお金がかかる

がんは残念ながら、再発したり転移する可能性があります。

抗がん剤治療の再開、手術が必要になる場合もあり、入院治療費、生活費など含め多くの出費が必要になります。

がん保険を選ぶときの4つの大事なポイント!

1)診断給付金が何度でもでるか?

がんと診断されたら一時金で受け取れる給付金が診断給付金です。

この診断給付金の比較ポイントは、その支払条件です。
この支払い条件は、各保険会社や商品によって、違っているのです。

診断給付金(一時金)が何度でも出なければがん治療においては不十分です。

がんは一度治療しても再発や転移の可能性があります。また、近年のがん治療における入院日数、手術回数も減少の傾向にあります。

さらに初回より2回目以降の治療の方がお金がかかる場合も多く、がん保険でもっとも大きな金額が受け取れる診断給付金は、何度でもでなければ十分ではありません!

ウサギさん
ウサギさん
診断給付金はがんと診断された時点で受け取れるので、最初の不安真っ只中にいるときの家族の生活や将来の不安の中ではとても頼りになる給付金。

特に2回目以降の支払条件が違っていることが多いので注意が必要です。

 

2)入院給付金が無制限か?何度でも受け取れるか?

日額1万円のものが一般的です。

もうひとつ、がん保険で大事な入院給付金は、入院日数無制限か何度でも受け取り可能、という支払い日数や回数に上限がないものを選びましょう!

『医療保険』の場合多くは支払日数の上眼が60日なのです。これでは全ったく不十分!

ペンギンくん
ペンギンくん
がん治療は、治療がいつまで続くかわからない場合も多いのですごく大事なポイント!

 

3)長期間の通院治療にも対応しているか?


最近では、抗がん剤治療や放射線治療は、通院のみの場合も多くなっています。

治療期間は長く、数週間~数ヶ月、数年かかる場合もあるのです。。そのため、長期間の通院治療に対応する保険が望ましいのです。

ウサギさん
ウサギさん
通院給付金や治療給付金(抗がん剤・放射線等)などの保障が充実している保険をえらぼう!

 

4)保険料が変わらない終身タイプか?

おすすめは、ずっと保険料が同じ額の終身タイプです。

がんは高齢になるほど発病する可能性が高くなります。日本は今後超高齢化社会となり、がんの罹患率もますますアップするはずです。

また、がんになってからも払い続ける保険料であることも考えると、更新のたびに保険料が上がり、高齢時に負担が重くなる定期タイプではダメなのです。

ペンギンくん
ペンギンくん
一生涯の保険が大切!

 

思い立ったら、保険の見直しを!

保険は種類が多く、会社によって条件や支払い金額にかなりの違いがあるため、数社から保険の内容を比較検討できる保険のプロに相談すべきです。

自分でどうにか考えるには保険のしくみは複雑すぎます。

保険のプロの条件は、まず第一に信頼できること、各保険会社を平等に比較できること、個人に合った保険を選ぶことができる質の高いFP(ファイナンシャル・プランナー)がいる保険相談会社へ無料で相談するのが一番オトクに保険を選ぶ方法です。

いろいろな保険相談会社を調査、検討しましたが、私のおすすめは【保険マンモス】、【保険ラボ】です。

>>質の高いFPに相談できる 保険マンモス

>>【無料】保険相談&簡単アンケートで選べるギフト♪ 保険ラボ

まとめ

白血病で入院し、治療した妹の場合、がん保険には加入しておらず、『医療保険』だけで治療費を捻出しました。

何も保険にはいっていないより良かったものの、入院給付の期限の制約や、診断給付金など十分とは言えません。

現在は、白血病の発症から5年たっていますが、通院治療中であり、保険での生活・治療カバーはまったくない状態です。

それがどれほど彼女のQOLをおびやかし、苦しい生活になっているかをわたしは知っています。

白血病は血液のがん。がん保険を受け取ることができます。

今や2人に1人ががんになるといわれ、超高齢化社会を迎える日本。

がん保険に入ることで救われることがあります。

白血病になって一番後悔したがん保険について体験談を綴っています。

がん保険 無料相談
白血病になって一番後悔したこと。がんになる前に知っておきたい【がん保険】『がんになっていない』あなたに伝えたい、家族が白血病となって【一番後悔したこと】。自分が家族の大黒柱、シングルペアレント、家族の生活をまもりたい、そんな人へ。【がん保険】に入らなかった私たち家族の後悔と、保険の相談について紹介します。...

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。

ABOUT ME
アルノ
アルノ
このブログを書いているアルノです。 妹は急性骨髄性白血病「M6」を患い、わたしは末梢血幹細胞移植のドナーとなりました。 元看護師、現在はイギリス在住、小学生の息子の母です。 『ビューティフルデイズ』は、白血病について誰もが知りたい情報、治療に関することを、経験談をふまえて情報提供するためのブログです。 つらい不安定な生活の中で、すこしでも希望をもって楽しく過ごそうとしている人たちがいたら、「私達も同じです」と伝えたい。