入院生活とお見舞い

お見舞いに「持っていってはいけない」4つのもの!元看護師が教える

お見舞い 持っていってはいけない

お見舞いに持っていっていけないものは何?

友人や会社の人へのお見舞い選びに迷っているあなたへ。

お見舞いの品選びには、持っていくと相手が困ってしまったり、病気によって危険なものがあるなどの注意点があります。

その人の病気やケガの回復を願ってお見舞いを贈るのに、喜ばれないものを選んでしまっては元も子もありませんよね。

この記事を読むことで、お見舞いに持っていってはいけない4つの品がわかります!

①お見舞いにもっていっては行けない花束

お見舞いの花束は以下のようなたくさんの「持っていかないほうがいい」理由があります。

  • 感染症の原因となる
  • 雑菌の温床となる、
  • 世話しだいで水が腐る
  • 花瓶が割れる危険性もある
  • 捨てるときに困る
  • そもそも花瓶を用意するのが大変

また、花束をお見舞いに持っていく場合の「タブー」もあります。

  • 鉢植えの花:(病気が根付くと嫌われる)
  • ユリなど「匂いの強い花

花をお見舞いにもっていくなら、家族か病院に確認をとったほうが無難。

もし持っていける場合、おすすめのお見舞いに持っていく花は。。

飾るだけのアレンジ花

ハーバリウム(プリザードフラワーをオイルでアレンジしたもの)

バーバリウムとはこんな観賞花のこと↓

created by Rinker
スプリングカントリーハウス
¥3,480
(2020/11/27 14:42:50時点 Amazon調べ-詳細)

ペンギンくん
ペンギンくん
お見舞いに花束を持っていくのは、特に抗がん剤治療中や無菌室治療中の人に持っていくのはやめましょう!


②お見舞いに持っていってはいけない食べ物

心臓病や糖尿病などは「食事制限」があります。

またがん治療中は、生物がNG、個包装されたものだけ、、などの食べ物の制限があり、また病院によって細かい決めごとがあります。

これらの食事制限のある人へのお見舞いに「食べ物」は持っていかないようにしましょう。

家族や病棟に持っていってもいいことが確認できたら、美味しい手土産は非常に喜ばれます。

【お見舞い手土産】贈って喜ばれるお菓子ランキング10はコレ!│元看護師がおすすめお見舞いにもっていくお菓子で迷ってませんか?元看護師のわたしが【お見舞いに喜ばれるおすすめのお菓子】をランキング10にして紹介します。厳選したおすすめのスィーツや、喜ばれるポイント、注意点や体験談までわかり、手土産の問題は悩みはコレで解決します。...

ペットボトルのお茶やジュースはOKで、ミネラルウォーター(水のペットボトル)は抗がん剤治療中には必要になるため喜ばれます。

おすすめの水についてくわしくはこちらの記事を参考にしてください。

入院、療養におすすめのミネラルウォーター(ペットボトルの水)ランキング!入院中や体調が悪いときにおすすめの美味しいミネラルウォーターを探していますか?がんや白血病などさまざまな病気で療養しているときや、体調がすこぶる悪いときには、ペットボトルのフタをあげることさえ苦痛になります。療養中や入院中におすすめのミネラルウォーター(ペットボトル)はどれなのかわかります。...

③大きな洗えないぬいぐるみ

大きくて洗うことのできないぬいぐるみは、埃、雑菌の温床になります。

病気のお見舞いに持っていくのはやめましょう。

洗えるぬいぐるみは大歓迎!

④お見舞いにお守りは微妙!

もらうと「すごく嬉しい!」反面、こまるのがお守りです。

お守りには相手から気遣ってもらったことに対して「大切にしたい」と思う反面、その処分をどうしたらいいのか迷うのです。

ちなみにお守りの有効期限は1年、神社のお守りは神社へ、お寺のお守りはお寺へ返納するのが正式な処分方法です。

これはもう、贈る相手と贈る側との関係で判断しましょう。

ウサギさん
ウサギさん
例えば、ラッキーアイテムなどは非常にうれしかったりします。


まとめ

以上、お見舞いに「持っていってはいけないもの」4つのものについて紹介しました。

お見舞いに持っていくと相手がこまる可能性があるものは、、

  1. 花束(病気によってNG)
  2. 食べ物(食事制限のある病気はNG)
  3. 大きな洗えないぬいぐるみ(病気によってNG)
  4. お守り(相手との関係による)

一方で、これらの4つのお見舞いの品は、癒やしになったり、元気がでたり、気持ちが明るくなるものでもあります。

相手の病気や病気の状態をできるだけ知り、マナーを守って選んだお見舞いの品はきっと励みとなるはずです。

一番喜ばれるのは、応援の気持ちをこめたメッセージです。

お見舞いの贈り物だけでなく、カードや手紙にメッセージをひとこと添えて回復を応援しましょう!

こどものお見舞いに喜ばれるものは「闘病中の子供、お友達へのプレゼントの品総まとめ!(誕生日やクリスマスに)」の記事で紹介しています。こちらも参考にしてください。

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。Byアルノ

ABOUT ME
アルノ
アルノ
このブログを書いているアルノです。 妹は急性骨髄性白血病「M6」を患い、わたしは末梢血幹細胞移植のドナーとなりました。 元看護師、現在はイギリス在住、小学生の息子の母です。 『ビューティフルデイズ』は、白血病について誰もが知りたい情報、治療に関することを、経験談をふまえて情報提供するためのブログです。 つらい不安定な生活の中で、すこしでも希望をもって楽しく過ごそうとしている人たちがいたら、「私達も同じです」と伝えたい。
あわせて読みたい!