白血病の3つの治療方法とは?抗がん剤・骨髄移植・支持療法を説明するよ

白血病について

白血病と診断され、、、、じゃあ、、、どんな治療方法があるの?

どのくらい治療がかかるのか?どんな対処や準備をしたらいいのか?を知るためにも、白血病の治療方法は知っておく必要があります。

妹の場合、「急性骨髄性白血病」と診断され、抗がん剤が効きにくいとされる「M6」と呼ばれる型だったため、最初の段階ですでに骨髄移植を視野にいれた治療スケジュールが組まれました。

それは、『まず抗がん剤で白血病のがん細胞をなくして完全寛解したうえで、造血幹細胞移植を行う』、という治療の流れでした。

では、一般的な白血病の治療の方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

1)抗がん剤治療(化学療法)

 

抗がん剤を投与し、白血病のがん細胞をなくし、その増殖を抑える治療のことです。
白血病細胞が消滅する寛解(かんかい)を目指し、強く大量の抗癌剤でトリートメントします。

寛解導入療法により完全寛解を目指し、がん細胞を徹底的にたたきます。寛解すると次は地固め療法、そして経過をみて維持・強化療法となります。この間、一時退院などもあるのでずっと入院しているわけではありません。

骨髄移植をおこなわず、抗がん剤治療のみの場合もあります。

寛解導入療法(かんかいどうにゅうりょうほう)

だいたい3~6週間かかるよ

完全寛解する!

地固め療法(じがためりょうほう)

1コース約1か月×数回(約4か月かかるといわれるよ)

④退院!

維持・強化療法

自宅から通院するんだ。数ヶ月~数年かかるといわれるよ

 

 

寛解(かんかい)とは?
白血病細胞が血液や骨髄の中から姿を消した状態のことです。治療で必ず聞く重要なことば。

 

▶抗がん剤の副作用については対処法の記事を参考ください。
抗がん剤の副作用│カテゴリー│ビューティフルデイズ

2)骨髄移植(造血幹細胞移植)

 

多くの白血病患者さんたちが、この骨髄移植をしているよ。
ドナー探しも大変なんだ。

『骨髄移植』は、白血病を完全に治療することを目的に行われます。

ドナーから正常な骨髄(造血幹細胞=血を作るモト)を移植し、造血機能を回復させる治療です。

大量の抗がん剤投与や放射線治療により、白血病細胞をほぼゼロにしたあとに、骨髄移植するのがいい状態での移植といわれています。

移植は、抗がん剤治療で寛解に至らない場合や、完全寛解したが再発が高率で予想される場合、寛解後に再発した症例では造血幹細胞移植の治療が選択されます。

 

 

3)支持療法(しじりょうほう)

 

抗がん剤で起こる副作用を軽くしたり、
白血病の合併症に対処するための治療が支持療法だよ!

化学療法や骨髄移植は、「骨髄抑制(こつずいよくせい)」のために非常に高い感染の危険があります。

無菌室での管理、口の中や肛門まわりの清潔、抗菌薬の予防投与などの感染の予防、血小板や血小板の輸血などを行い、さらに、吐き気止め薬や輸液による栄養管理精神的ストレスに対するケアも行われます。

このような化学療法や移植療法と合わせて行われる一連の療法を支持療法といいます。とても大事です。

 

骨髄抑制(’こつずいよくせい)とは?
治療の副作用により骨髄の働きが低下している状態で、赤血球、白血球、血小板の数が減少すること。
この言葉も、治療中よく聞く言葉です。

 

まとめ

 

以上、白血病の3つの治療方法である『抗がん剤治療』、『骨髄移植』、『支持療法』について紹介しました。

白血病の治療は、白血病の病型、年齢、身体の状態などに応じ、化学療法(抗がん剤の投与)から始まることが多いのです。

こうしてみると、やはり最初の抗がん剤の治療の段階で長期入院が必要であることがわかりますよね。

妹の入院当時、わたしたちはショックと混乱で最初の入院期間の目安や治療方法についての理解もままならないまま治療がスタートしました。

そして、もともと病気一つしない元気者だったこともあり、これから長い闘病生活になることがピンときていませんでした。

もっと最初に治療方法と退院までの治療スケジュールを自分たちで理解していれば、勤めていた仕事や通っていた学校へ最善の対処ができたのではないか、、、と今になって悔やむことがあります。

白血病と知ったら、
●入院が必要
●まずだいたい3~6週間の抗がん剤治療が行われる

ということを最初にしっかり頭にいれ、本人も家族も治療に向き合う準備をしてください。

あなたの大切なひとも、あなたも、一日の始まりには「今日も美しい日だ」と思えますように。Byアルノ